ギャラリー

南都銀行高田支店

設計趣旨

 近鉄南大阪線高田市駅の北にあり、御所・葛城地域から橿原市内へと通じる国道166号線に面した敷地は、大和高田市のほぼ中央に位置し、ほぼ同じ場所にて建て替えることとなります。

 人の往来が多い西側と、地元商店街や隣接スーパー等からのアクセスも考慮し、お客様のエントランスを西側と南側の2箇所に設けた計画としています。
 営業室が2層営業となる為、お客様動線を検討した結果、エレベーターを設置し、上下移動がスムーズになるようにしています。

 旗艦店舗として、まず「格式高き商いの顔づくり」を目指して、彫りを深くしたフレームの中に水平ラインを強調したファサード(外観)を挿入したデザインとしました。
 色彩計画をモノトーンで構成しモダンさも演出する事で、『街づくりをも先導する店構え』となるようにしました。

高田サティの跡地利用は、近隣住民は元より大和高田市からも期待されています。
「再び賑わいのある街に生まれ変わる」をキーワードに、新店舗のイメージが出発点と なり、新しい街づくりの先導役になることを期待します。

所在地奈良県大和高田市片塩町
用途銀行
建築主株式会社 南都銀行
構造・規模S造 地上3階 延床面積1711.00m2
竣工2013年12月